栄で弁護士をお探しの方はご相談ください。

弁護士法人心 栄法律事務所

労災

詳細につきましては、以下のサイトをご覧ください(以下のボタンをクリック)。

  • 電話法律相談へ
  • 選ばれる理由へ
  • 業務内容へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

労災を弁護士に相談したほうが良い理由

  • 文責:所長 弁護士 江口潤
  • 最終更新日:2022年11月29日

1 労災にあった場合の相談相手は?

労働者の方が仕事中に怪我をするなどした場合、誰に相談したらよいのでしょうか。

通常は、会社に相談することが多いと思います。

しかし、怪我をした労働者の方が会社に相談をして、会社が法的に適切な対応をとってくれるのでしょうか?

適切な対応をとっていれば問題ないと思いますが、会社がとっている対応が適切な対応になっているのだろうかという心配も出てきます。

2 心配事の解消

このように、怪我をした労働者の方が、怪我をした場合、自身の身体の治療のことに専念したいのに、悩みがどんどん出てくるということもあるでしょう。

労災にあったときに、弁護士に相談したほうが良い理由は、上記の心配事が解消できることにあると思います。

3 今後の見通しの説明

労災を取り扱っている弁護士の場合、ある程度、今後の流れが予想できるので、労働者の方に今後の流れをお伝えできます。

例えば、治療費や休業補償を受領するためにはどのような手続きをとれば良いのかという手続き的な相談にのることで、今後の手続きの流れを説明することがあります。

また、会社が労災申請をせずに、健康保険の利用を勧めるなどをしている場合には、労災かくしを疑うこととなるので、それに対する対応策を検討するということもあります。

4 弁護士に相談することの最大の利点

しかし、弁護士に相談したほうが良い最大の理由としては、今後の流れの説明を受けることができることではありません。

最大の理由は、労災補償以外に、受けられる補償はあるのかどうかという点を検討することができるという点にあります。

国が支給する労災補償制度だけではなく、会社に対しての賠償請求を求めることができるのか否かという点について相談できることです。

賠償請求の可否については、過去の裁判例などを踏まえた判断が必要となるため判断が難しく、弁護士に相談することが必要となると思います。

労災の場合、「賠償請求がそもそもできるのか?」「賠償請求ができたとしても労働者側にも落ち度があるとして過失相殺されるのか?」「最終的にどのような損害を請求でき、いくらぐらいになりそうなのか?」という複数の検討事項が存在しています。

このような法的判断を適切にしていく必要があるので、労災については弁護士に相談する方が良いと思います。

労災に遭いお悩みの方へ

  • 文責:所長 弁護士 江口潤
  • 最終更新日:2021年2月1日

1 労災について

労災とは、簡単にいうと、勤務中や通勤中に生じたケガや病気のことです。

例えば、工場で勤務中にプレス機に手を挟まれてケガをしてしまったような場合や、作業中にフォークリフトに轢かれてケガをしてしまったような場合などは労災にあたります。

2 労災に遭った場合の対応方法

労災に遭った場合、労災保険を使い、各種の給付等を受けることができます。

また、労災保険とは別に、加害者や雇用主に対して、損害賠償請求をすることができる場合があります。

3 労災について弁護士に相談

「労災事故に遭ったがどうすればよいかわからない」「会社が労災申請に協力してくれない」「労災認定の見込みについて知りたい」「会社に対する損害賠償請求について知りたい」など労災について疑問やお悩みがある場合には、労災問題に詳しい弁護士にご相談されることをおすすめいたします。

弁護士法人心では、労災問題を得意とする弁護士にが対応させていただきますので、お気軽にご相談ください。

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ